毎日の服を考えるのは終わり!毎日同じ服を着られるようにしてみた

最終更新日

東京に家がなくキャリーバックで放浪していた時に毎日服を選ぶのが手間だなと思っていたので、思い切って服を同じものを数枚買って毎日同じデザインの服を着るという生活をはじめました。

どうしてそんなことになったのか

以前の僕はファッションが好きで毎月3万以上服の買い物にお金を費やしていました。着たことのない服もたくさんあったりして、シーズンを逃してしまうとその後は目にすることさえないかもしれません。

そんなのは誰が考えても良いことではありませんでした。

服が毎月増えていくとどのような問題があるのかまとめてみます。

困っていたことや問題だと思っていたこと

  • お金を浪費している
  • 管理が大変(どこにどの服があるのか、季節ものの管理など)
  • 保管するスペースの確保が大変
  • ハンガーがたくさん必要になった
  • 着る時の組み合わせを考えるのが手間
  • お気に入りの服が洗濯してないと使いたいときに使えない
  • クリーニングではないと洗えない服があった
  • シワはアイロンをかけたいがそれは面倒くさいのでやりたくない

いかがでしょうか。いろんな問題が出てきていました。できれば考えたくありません。そうしているうちに同じ服を4枚買ってボトムも色違い(出来るだけ同じ系統の色で)を購入するところからミニマルな毎日同じ服を着る生活が始まりました。

まるでドラえもんに出てくるのび太くんみたいですよね。

どういう服が良さそうか

服に求める機能をリストアップします。もちろん人それぞれ服に求めることは違うと思いますので自分のリストを作りましょう。服を選定した時は都内に家がなくホテルを転々としながら生活をしていたので洗濯の手間があるとどうしても厄介でした。

コインランドリーで洗濯をしていたのですが毎日回すとお金がかかりますし待つ時間は待機していたり起きていないといけないわけなので150分近くは待つ必要があったので乾燥機の時間が短縮できる乾きやすいものが良いですね。

汚れてしまったり、破れてしまったりしたら買い足しを考えないといけないですね。無印やユニクロだと毎年同じデザインの服が出るので再入手したい場合に楽かもしれませんね。僕はBeatuy and youthというブランドが好きなのでそちらで似たようなデザインのものを揃えました。

僕が服を決めたポイント

  • すぐ乾く服
  • アイロンをかけなくて良い服
  • 自分の感覚でダサすぎない服
  • 仕事で着ていく事ができる服
  • すぐに同じものが手に入る服

服を買って2年運用してみた

この生活を2年続けていますが新しい服を買いたいという気持ちがなくなり、組み合わせを考える時間もなくなり節約と考えるという時間の手間を排除できました。最終的には夏と冬の2パターンで以下のような構成になりました。

  • Tシャツ4枚
  • ズボン 乾きやすい6分丈 2着
  • 無印の靴下 4日分(夏冬・共通)

  • ポリエステル製シャツ 4枚
  • ジーンズ 4着
  • ユニクロの極暖ヒートテック シャツ 4枚(寒ければ使う)
  • ユニクロの極暖ヒートテック タイツ 4枚(寒ければ使う)
  • 無印の靴下 4日分(夏冬・共通)

とてもシンプルになりました。収納にも困っていた服すごいコンパクトになり押入れのスペースもかなり圧縮されたように思います。

ポリエステル製のシャツがすごい乾きやすくてよかったです。具体的にこれが良さそうというものがあれば紹介できるようにしてみようと思います。

今後

冬場のジーンズがシワになりにくくいいのですが乾きにくいので困っています。海外旅行に行くときも部屋でもみ洗いして乾かせるとかなり完璧な気がしています。

個性があんまりないものになってしまったので、自分らしさを色で表現できるとさらに良いかなと最近思うようになりました。まだ新たなバリエーションを作れていないですが、極端に使いやすさに特化したのですが今後は遊び要素も加えていきたいです。

こんな人におすすめ

  • 服を毎日選ぶのがめんどくさいと思っている人
  • 学生でスケジュール的に忙しい人
  • 服にあまりこだわりがない人
  • 節約をしたい人
8号

8号

東京で一人暮らし。ウェブ系のエンジニアとして活動しています。生活に取り入れると便利なモノやウェブサービスなどの紹介をこのブログで配信していこうと思っています。 twitter: hatch2

シェアする